老け顔に見られてしまう…ほうれい線・ゴルゴ線・マリオネットラインの原因とは?
  • ほうれい線の原因とは?
  • おすすめしわ取りクリーム
  • 首のシワ解消法

老け顔に見られてしまう…ほうれい線・ゴルゴ線・マリオネットラインの原因とは?

  1. 老け顔に見られてしまう…ほうれい線・ゴルゴ線・マリオネットラインの原因とは?

ほうれい線・ゴルゴ線・マリオネットラインとは

30代からの女性の悩み、ほうれい線。ほうれい線は鼻の両脇から唇の両端、頬との境目に伸びる2本のシワのこと。ほうれい線の名前の由来は、中国の面相学における「法令紋」といわれています。皆さんも周りで、もしくは自分自身で意識したこともあるのではないでしょうか。

ほかにも、ゴルゴ線やマリオネットラインといった顔に見える線は歳を重ねるごとに増えて、深く濃くなっていきます。ゴルゴ線というのは、鼻筋の横、目頭から頬の中心に向かって斜め45度に走る線のことで、目のクマのようにも見えます。名前のまま、『ゴルゴ13』が由来ですね。

マリオネットラインは、唇の両脇から顎に向かって伸びる2本の線のこと。腹話術で使われる人形(マリオネット)に似ていることからこう呼ばれています。ほうれい線・ゴルゴ線・マリオネットラインはそれぞれ違った位置にでき、老けて見られる原因になってしまいます。

ほうれい線・ゴルゴ線・マリオネットラインとは

原因ってなに?

これらの線の原因はいくつか考えられて、1つ目が加齢です。皮膚の内側には真皮があり、肌の弾力を保つために欠かせないコラーゲンやエラスチンといった繊維は真皮に存在しています。伸縮性のあるエラスチンをコラーゲンの網目が支え、つなぎ合わせることで弾力とハリのある肌になります。そして、コラーゲンやエラスチンは真皮の中にある「線維芽細胞」から作られるのですが、加齢によってこの線維芽細胞は減少し、機能も衰えてしまうのです。

2つ目に挙げられるのが筋肉の衰えです。顔には約30種類もの表情筋が存在していて、ほうれい線などに影響するのは頬と口の筋肉です。しかし、頬は顔の中でも最も多くの脂肪がついている部分であり、筋肉が衰えれば当然垂れてきて溝もできやすくなります。

3つ目が女性ホルモンの減少や、肌の内側からの乾燥が進んでいる場合です。女性ホルモンのエストロゲンは皮膚の潤いを保つ働きがあり、女性ホルモンが減少すれば乾燥のもとになり、肌の弾力が失われます。やはり加齢が深く関係するため、年齢に合ったケアが必要です。

痩せている人はほうれい線ができやすい?

生まれつき骨格的に線がつきやすい方もいます。痩せている方や、顎が細長い方は太っている方に比べて脂肪が少ないです。つまり、顔の内側からの張りが少ないのです。さらに、丸顔の方は頬の筋肉量が少なく、頬が下がりやすいという特徴があります。また、頬骨の位置が高い方や、目鼻立ちがはっきりしている方、鼻筋が通っている方だと、顔の皮膚が動きやすいためにシワができやすいこともあります。

こうした生まれついた骨格などが関係している場合、線のできやすさを変えることはできません。しかし、「諦めないで!ほうれい線・ゴルゴ線・マリオネットラインを消す方法まとめ」でまとめているように、日頃からケアしていくことで消すことも可能です。諦めずに試してみてください。

老け顔に見られてしまう…ほうれい線・ゴルゴ線・マリオネットラインの原因とは?
ほうれい線に効く化粧品【ディアフルラン (アイルミッド皮膚科学ラボ)】

ディアフルラン (アイルミッド皮膚科学ラボ) ほうれい線・ゴルゴ線・マリオネットラインの3つの悩みに対して特に効果を発揮する【ディアフルラン (アイルミッド皮膚科学ラボ)】。40代以上の肌の特徴にも着目して作られており、女性ホルモンの減少による潤い減少にも、高い浸透力によって皮膚の内側まで浸透してケアします。90日間の長期返金保証もあり安心して使うことができます。

ページのトップへ