美容皮膚科のほうれい線治療!料金相場は?ヒアルロン酸注射ってどうなの?
  • ほうれい線の原因とは?
  • おすすめしわ取りクリーム
  • 首のシワ解消法

美容皮膚科のほうれい線治療!料金相場は?ヒアルロン酸注射ってどうなの?

  1. 美容皮膚科のほうれい線治療!料金相場は?ヒアルロン酸注射ってどうなの?

皮膚科のほうれい線治療

皮膚科のほうれい線治療1. 注射

ほうれい線の効果的な改善方法として挙げられることに、美容皮膚科での治療があります。やはり専門家の力を借りて治療を行った方が早く確実な効果を見込みやすいですし、実際に多くの実績を上げているクリニックもありますから、試してみたい気持ちもあるでしょう。しかし、あまり身近な存在でないことも確かなので不安も多いはず。そんな不安を解消するために美容皮膚科での治療について詳しく説明していきますね。

まず、最も手軽な方法が注射です。傷もつきにくく、1万5,000円程度と比較的安価に行うことが可能です。ヒアルロン酸注射やボトックス注射なら即効性が高いため、効果の実感しやすさでも優れていますし、ヒアルロン酸は体内にもともと存在する成分なのでアレルギーなどの心配もありません。

ただ、効果を持続させるには継続的な利用が必要なことや、医師の腕によっては色素沈着や内出血、皮下出血をする可能性もあるため、クリニック選びが重要です。

皮膚科のほうれい線治療2. レーザー治療

レーザー治療も美容皮膚科でのほうれい線治療にはよく用いられています。光やレーザー、熱を照射することによって治療を行うため、皮膚を切ることがないところがポイントです。サーマクールやウルセラ、タイタン、ポラリスといった機器があり、痛みの感じやすさも変わってくるのですが、クリニックによって使用している種類は異なります。

レーザー治療はコラーゲンの生成を促すことでほうれい線の治療を行います。費用はおよそ3万円から。コラーゲンの生成によって肌のツヤやハリを取り戻していけることも嬉しいところです。ただ、注射よりも効果の持続期間は長い反面、即効性はありません。複数回かけて段階的に施術を行うことになるだけでなく、定期的に治療を受けなければならないところも覚えておきましょう。

皮膚科のほうれい線治療3. プチ整形

プチ整形は医療用の特殊な糸を使い、皮膚を内側から引き上げることで治療を行います。治療そのものは非常に簡単で、ショッピングのついででも行えるほど手軽です。スレッドリフトという方法が代表的で、皮膚の切開は必要ありません。局所麻酔をするだけで良いため、ダウンタイムもほとんどなく、およそ12万円から受けることができます。

しかし、治療に用いた糸は1~2年で自然に体内に吸収されるようになっており、そうなれば再度施術しなければ効果が続きません。また、施術に失敗した場合は腫れや痛みが出ることもあります。

皮膚科のほうれい線治療4. 手術

最も高額な方法は手術になります。ほうれい線が深くなってしまっている場合でも効果が出やすいことが特徴です。髪の生え際など、目立たない場所を切開して顔全体の引き上げを行います。費用はおよそ28万円程度からとなりますが、1度行えば10年は持続させることが可能です。

ただし、切開が必要になる関係上、ダウンタイムも発生します。ダウンタイム中は会社を休まなければならなくなりますし、手術後に腫れや痛みが出ることもある点は注意しておきましょう。また、失敗したときのデメリットが大きいことも手術で注意しなければならないポイントで、修正手術には高額な負担が発生してしまいます。クリニックの実績をしっかり見てから選ぶようにしてください。

皮膚科のほうれい線治療
ほうれい線に効く化粧品【ディアフルラン (アイルミッド皮膚科学ラボ)】

ディアフルラン (アイルミッド皮膚科学ラボ) ほうれい線・ゴルゴ線・マリオネットラインの3つの悩みに対して特に効果を発揮する【ディアフルラン (アイルミッド皮膚科学ラボ)】。40代以上の肌の特徴にも着目して作られており、女性ホルモンの減少による潤い減少にも、高い浸透力によって皮膚の内側まで浸透してケアします。90日間の長期返金保証もあり安心して使うことができます。

ページのトップへ